切干大根 作ってます

  • 2012.06.25 Monday
  • 08:23
 今 春蒔き大根が収穫期の後半にさしかかっていて食べても食べても食べ切れない、というか飽きてくる。あっちこっちにおすそわけもしたが一斉に食べ頃となるのでどうにもならない。
これ以上 土の中に置いてても素が入るだけだし、もったいないので食いきれない分は片っぱしから切干大根に加工することにした。
初めての試みだが なんとかなるんじゃない?

どお? 結構それっぽいでしょう?

ワラビの一本漬け

  • 2012.06.04 Monday
  • 10:34


ワラビが手に入ったので(勤務地はワラビ等・山菜が豊富)、ワラビの一本漬けを仕込んだ。
ワラビの食べ方で代表的なのはアクを抜いてお浸しが一般的だろう。
または保存食として塩漬けしてから戻して(塩抜き)食べるとか・・・

でもこの辺では一本漬けと言ってアク抜きしたワラビをしょうゆベースのタレに付け込んで食べるのがある。これがなかなか美味しくて酒の肴には最高。
あまりびっちり漬けこまず浅漬けのような感じで塩分を効かせるのだが、作り方はどんなタレ使うのか何を混ぜ込むのかは家庭・家庭で更に家族内でさえ違うのだ。(作る人が複数人いればの話)

私の場合は酢の入った めんつゆ みたいな味付け醤油は使わず、そば汁の返しを作って魚の出汁を加えたものにタカノツメ&ショウガで辛味を加えるのが好きだ。

当然自分好みの味なので美味い。

砥石の面直し

  • 2012.03.08 Thursday
  • 09:27
私バーボンTakedaは学生時代に料理屋(中華料理)でバイトしていた事もあって料理が好きなんです。
調理師免許も持ってるよ〜ん!

そんでよく包丁を使うという事になりますが、切れなくなれば当然研ぐわけですよね。
包丁を研げば今度は砥石が減って真ん中の辺りが凹むんです。
そういう状態で刃物を研ぐと今度は包丁に刃が付かなくなってよろしくない。
そこでしなければならない作業が砥石の面直しなんです。

やり方として砥石をブロックなどに擦り付けて平らにしていくやり方などもあるようですが
私は面直し用の砥石を使っています。(傷が少なく綺麗に仕上がります)

それが下の写真



洗濯板みたいな白いのが砥石です(セラミック製)、プラスチックのボトルに入っているのが
鉄粉で出来たコンパウンドで砥石の荒さによって使い分けます。

この上で凹んだ砥石を平に 面直し します。

料理はよく切れる包丁で よく切れる包丁は手入れの行き届いた砥石で ということです。

片刃の和包丁は必ず砥石で手入れしましょう。(シャープナーはNG)
両刃の洋包丁も基本的には砥石で刃を付けてあげなければいけませんよ。
シャープナーは一時的に 切れ を蘇らせるだけです。シャープナーだけではいずれ切れない包丁になってしまいます。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Facebookはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM