砥石の面直し

  • 2012.03.08 Thursday
  • 09:27
私バーボンTakedaは学生時代に料理屋(中華料理)でバイトしていた事もあって料理が好きなんです。
調理師免許も持ってるよ〜ん!

そんでよく包丁を使うという事になりますが、切れなくなれば当然研ぐわけですよね。
包丁を研げば今度は砥石が減って真ん中の辺りが凹むんです。
そういう状態で刃物を研ぐと今度は包丁に刃が付かなくなってよろしくない。
そこでしなければならない作業が砥石の面直しなんです。

やり方として砥石をブロックなどに擦り付けて平らにしていくやり方などもあるようですが
私は面直し用の砥石を使っています。(傷が少なく綺麗に仕上がります)

それが下の写真



洗濯板みたいな白いのが砥石です(セラミック製)、プラスチックのボトルに入っているのが
鉄粉で出来たコンパウンドで砥石の荒さによって使い分けます。

この上で凹んだ砥石を平に 面直し します。

料理はよく切れる包丁で よく切れる包丁は手入れの行き届いた砥石で ということです。

片刃の和包丁は必ず砥石で手入れしましょう。(シャープナーはNG)
両刃の洋包丁も基本的には砥石で刃を付けてあげなければいけませんよ。
シャープナーは一時的に 切れ を蘇らせるだけです。シャープナーだけではいずれ切れない包丁になってしまいます。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Facebookはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM